2010年01月31日

「まんがランド」を家宅捜索 千葉県警(産経新聞)

 ファイル交換ソフト「Share(シェア)」で得た作品を客に見せたとして、千葉県警生活経済課などは26日、著作権法違反(上映権侵害)容疑で、市川市南八幡のインターネットカフェ「まんがランド本八幡店」など数カ所を家宅捜索した。

 同課によると同店は、今月13日〜15日までの間、不正に取得した作品「機動戦士ガンダム」等3作品を客2人に3回に渡って店内のパソコンで上映し、著作権を侵害した疑いが持たれている。

 昨年12月、同店の利用客の通報を受け、同課は捜査を開始。同店では、シェアを通じて得たソフトが2万5千種類ほどあり、約70台のパソコンを使って客に上映していたとされる。作品の中には児童ポルノなどもあったという。

【関連記事】
守れ!ネット著作権 法改正で無許可ダウンロード違法に
東大卒・文科省官僚「児童ポルノ」流出 省の内部資料も
「シェア」で人気曲のファイル流す 週1ペースで94回 長野の会社員男逮捕
著作権侵害サイトの紹介自粛を要請 レコ協などが出版12社に
ネット上で神扱い…ドラクエ発売前流出のワケ

小沢氏聴取 「事実上の被疑者」共産党・市田書記局長(産経新聞)
教室で同級生の財布盗む 容疑で私立高校生ら逮捕(産経新聞)
一足早く「鬼は外」和歌山・補陀洛山寺(産経新聞)
成人式壇上で奇声、扇子で市長コツン?…2人逮捕(読売新聞)
<嬉野市長選>谷口太一郎氏が無投票で再選(毎日新聞)
posted by ヘンミ ミチオ at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

「美しすぎる市議」藤川優里氏が登場 自民党大会(産経新聞)

 ネット上などで「美しすぎる市議」として話題になっている藤川優里・青森県八戸市議(29)が24日、都内のホテルで開かれた自民党大会で、アピール文を読む女性局代表の1人として登場した。夏の参院選の自民党公認候補の「隠し球」ともいわれており、藤川氏は登壇すると、カメラのフラッシュを浴びた。

 藤川氏は「女性の意見をわが党はあまりにも軽視してきたのではないか。幅広く女性の支持を獲得するため、党組織の責任あるポストに女性を起用し、女性らしい生活の実感を党の政策に反映するよう強く求める」と力強く訴えた。

【関連記事】
“美人すぎる”藤川市議、さんまをメロメロ
あの人に口説かれた?自民目玉“美しすぎる”市議の本音
美しすぎる藤川市議、「論文」でマジメに少子化考える
藤川ゆり市議「言及差し控えます」 ネット美人投票で
藤川市議、TV番組で「ふるさと祭り」PR

日航墜落犠牲者の親族「会社生まれ変わって…」(読売新聞)
土地購入事件 閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
<春闘>労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策−文科省(時事通信)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
posted by ヘンミ ミチオ at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

<小沢幹事長>弱気か深謀か 自身の健康不安繰り返す(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が自身の健康不安に関する発言を繰り返している。政治家のこうした発言は異例だが、小沢氏の場合は過去にも進退が取りざたされるなど苦境に立たされたとき、自ら言及する傾向があった。剛腕と称される強気のかげで弱みもみせる複雑さが、党内を掌握する小沢氏の強さを支えているようだ。【須藤孝】

 小沢氏は24日、広島市で「私もそう長くない」と発言。25日の記者会見では、自らの資金管理団体による土地購入を巡る事件で、土地代金の原資が家族名義だった理由を問われ「私は平成3年(91年)に心臓病で入院した。人生というか命というか、万が一の時にも、という意識があった」と語った。

 小沢氏の健康問題が明るみに出たのは、東京都議選の敗北で責任をとって自民党幹事長を辞任した約2カ月後の91年6月、心臓病で倒れて42日間入院してからだ。

 06年9月に党大会直後に検査入院した際には、記者団に「心臓だけのCT(コンピューター断層撮影)をした」とあからさまに心臓に不安があったことを明かしている。

 24、25の連日の健康不安発言について、小沢氏周辺は「26日も本人と電話したが、いたって元気だ。マスコミに低姿勢をアピールする戦略だ」と強調する。しかし、健康不安説が流れているわけでもないのに自らしばしば体調に言及するのは、マスコミ対策という表面的な意味だけではない。政治家にとって最大の弱みをためらわず口にすることで、逆に周囲に権力に固執しないとの「すごみ」をきかせる効果を発揮している。

 小沢氏が突然、甲状腺がんの手術体験を明かしたのは07年秋の大連立騒動の直後。08年1月には今回と同じ「(先が)長くない」という発言をしている。

 小沢氏に近い議員らは、今回の土地購入事件を巡り同氏の幹事長続投を前提にする一方、「続投に固執することが参院選勝利にマイナスと考えればすぐに決断する」という見方も共有している。小沢氏の発言は「いざとなれば決断してくれる」という期待を党内に抱かせ、表向きの不平不満が出ない理由にもなっている。

【関連ニュース】
参院予算委:小沢氏団体事件で党独自調査しない 首相
原口総務相:小沢氏の参考人招致「必要だ」
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
共産党:市田書記局長 民主・小沢幹事長を説明責任で批判
東京都議補選:島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?

福島党首の4選決定=社民大会が開幕(時事通信)
新型インフル 和歌山県内で初の死者 85歳女性(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏23日聴取「その後は考えてない」(産経新聞)
衆院代表質問における主なやりとり 鳩山首相、元秘書起訴「決着した」(産経新聞)
元朝日新聞記者の敗訴確定 記事不掲載訴訟(産経新聞)
posted by ヘンミ ミチオ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。