2010年04月24日

<自殺>思春期までに親自殺なら率は3倍 スウェーデン調査(毎日新聞)

 思春期までに親を自殺で失うことは、遺児がその後自殺する要因の一つとなりうることが、米国とスウェーデンの研究チームの調査で分かった。17歳以下で自殺遺児となった場合、両親が健在の同世代と比べて自殺死亡率は3倍高いが、18歳以上では顕著な差はみられなかった。自殺と遺伝を関連づける声を否定している内容で、日本でも絶えない自殺遺児への支援を考える上で注目される。21日付の米児童青年精神医学会誌(電子版)に掲載した。

 スウェーデンの人口統計を約50年さかのぼり、25歳以下で親を自殺で失った遺族・遺児(4万4397人)の生存状況を調べた。また、親の死亡前に子が精神疾患や発達障害とみなされた例は除いた上で、同期間に25歳以下で事故や病気で親を失った遺族・遺児約45万人、両親健在の約380万人と比較した。

 その結果、両親が健在の同世代と比較して、12歳以下で自殺遺児となった群の自殺死亡率は3倍、13〜17歳の場合は3.1倍高いことが分かった。18〜25歳の場合は1.3倍で、思春期の子どもに与える影響の大きさをうかがわせている。

 一方、事故で親を失った遺児の自殺死亡率は12歳以下の場合、両親が健在の群に比べ2倍高かったが、上の年齢で違いはなく、それ以外の原因で親が死亡した場合も年齢に関係なく差はなかった。

 研究チームの米ジョンズ・ホプキンス大は「いつ、どのように親を亡くしたかが子の自殺に強く関連している。親を失った直後から専門家が見守ることが重要」と指摘する。【八田浩輔】

【関連ニュース】
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
二十歳の手紙:自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く
雇用情勢悪化、追い打ち 「死にたい」失業者の8割近く
救える命・自殺未遂者を支える:松本俊彦さん 自殺のシグナルを受け止めて 秋田
救える命・自殺未遂者を支える 一人にしない地域づくり 秋田

鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
名古屋市議会 恒久減税案など否決 河村市長「戦い続く」(毎日新聞)
東北・秋田新幹線、一部区間で運転見合わせ(読売新聞)
石塔 「韓国に返して」市民団体が要望(毎日新聞)
21府県で2万5000人死亡=3地震同時発生で−防災会議(時事通信)
posted by ヘンミ ミチオ at 13:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グッチコピー

第二次世界大戦 が始まるとイタリアでも皮革は統制品となり革が使えなくなってしまったが、代用品としてキャンバス地にコーティングを施して使う事になる。その配色が思わぬ人気を博したのは幸運であろう。GUCCI 1953年、グッチはアメリカ・ニューヨークに支店を出した。グッチョの反対を押し切る形で息子のアルド・グッチが開いたものだった。同年夏グッチョ・グッチ死去。

グッチョには非常に多くの逸話が残されているが、有名なものに、イタリア訪問中の エリザベス2世 が同店を訪問した時、女王付の侍従が彼に「何か陛下にプレゼントを」と進言(というか催促)したので、鞄を女王に進呈したが、女王一行が去った後、報道陣がまだいるにもかかわらず「金も払わん乞食はもう来るな」と発言をした、というものがある。

このようにエキセントリックな言動が目立つが、職人からは信頼されていたし、彼も職人を愛していた。その証拠にグッチには他の高級ブランドとは異なり、材料費さえ払えば職人が妻や娘、恋人に鞄を作っても良い、と言う日があった(現在は消滅している)。これは、同社の製品が職人の家族にとって中々手の届きにくいものであったことから、グッチョが自発的に考え付いた職人の家族へのサービスである。

2代目パオロ・グッチの死去に伴い、その甥マウリツィオ・グッチがパオロの子供たちに 連衡 策を働きかけ、結果的に株式を独占した。しかしマウリツィオが妻の命を受けた マフィア によって暗殺されると、株式は宙に浮き、結局アラブ資本に買い取られてグッチ家は経営から締め出された。

パオロの次男は上述の「 ハウス・オブ・フローレンス 」を開業し、原点に戻って新たな品質の発信を図るが、グッチ売却の際に交わされた「グッチ家のブランドであると言う宣伝を一切してはならない」と言う契約 [1] (日本の 著作権 契約にも近い縛り)により、世界展開を阻まれているのが現状である。

http://www.good-brandshop.com/news/gucci_bag_7.htm
Posted by グッチコピー at 2010年04月24日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。