2010年04月27日

ネット選挙解禁へ協議機関=与野党(時事通信)

 与野党各党は21日午前、選挙制度に関する実務者会合を国会内で開き、インターネットを使った選挙運動の解禁に向け、協議機関の設置で合意した。23日に初会合を開く。実務者会合ではまた、5月末までに公職選挙法改正案をまとめ、夏の参院選からの実施を目指す方針で一致したが、詰める課題は多く、今国会での改正は困難とみられる。 

【関連ニュース】
自民・谷垣氏が「つぶやき」開始=党首討論の意欲つづる
ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏
ネット選挙解禁で協議=各党
ネット選挙解禁に賛成=共産・志位氏
民主のネット選挙解禁案の骨子

理研、配偶者を秘書に雇用=組織管理改善を−仕分け2日目(時事通信)
世論調査 自民が民主を逆転 参院選投票先で(産経新聞)
幸福実現党、参院選候補者を半分以下に(産経新聞)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
「派遣村」湯浅氏を再起用へ(産経新聞)
posted by ヘンミ ミチオ at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。